体臭対策解体新書

体臭が病気のサイン!?

体臭対策解体新書
夏の間、汗や体臭を気にして制汗スプレーや、汗拭きシートなどで対策していた人は多いと思います。

 

しかし、その気になる体臭…もしかしたら病気のサインかもしれないのです。

 

体臭で何故病気が分かるのか

体臭とは、体内の物質が血液に乗って全身をめぐり、吐く息や、尿・汗に混ざって臭いを発してものです。

 

その物質が体内で起こす合成や化学反応が、病気の状態と健康な状態では違うため、その違いが体臭にも表れるのです。

 

日本では、明治時代まで『嗅診(きゅうしん)』という臭いを嗅いで病気の診断をすることが当たり前に行われていたそうです。

 

体臭でどんな病気が分かるのか

体臭対策解体新書

実は、体臭は臭いの種類でどんな病気が潜んでいるのかを知ることができます。

 

甘い臭いがしてきたら

『甘い匂いなんて美味しそうでいいじゃない。』なんて呑気に考えていてはいけません。

 

体から甘い臭いがしてきたら、それは糖尿病のサインかもしれないのです。

 

さらに進行が進むと甘い臭いから甘酸っぱい臭いに変わるそうです。甘い臭いを感じたら、甘酸っぱくなる前に病院で診察してもらいましょう。

 

酸っぱいアンモニア臭がしてきたら

肝機能が低下している可能性があります。疲労が原因で、肝機能が低下し分解しきれなかったアンモニアが、汗と一緒に毛穴から放出されるんだそうです。

 

アンモニア臭は疲労のサイン。疲労回復で肝機能を正常に戻しましょう。

 

便秘が原因の体臭もある

腸の中に長い間便が溜まったままになっていると、便が腐ります。腐った便は、悪臭だけじゃなく、毒素も排出します。

 

この毒素が悪臭と共に腸壁から出て、血液にのって全身に回ってしまいます。

 

そうすると、毒素を体外に出すために、皮膚から汗と一緒に出したり、肺から息と一緒に出したりするため、体臭や口臭が臭うようになるのです。

 

便が腐った臭い・・想像しただけで酷い臭いだろうことが分かりますね。体臭にまで影響する前に便秘解消に尽力しましょう。

 

まとめ

体臭対策でスプレーや、シートを使うのも良いですが、たまには自分の体臭をしっかりチェックしてみましょう。

 

体臭の根本的な原因を無くすことで、体臭を消すことができるかもしれないし、気付かなかった病気の早期発見にも繋がるかもしれません。

 

体臭の中にはわきがも含まれますが、当サイトでは詳しく解説していませんので外部サイトをご参照下さい。

 

http://www.danjo-wakigataisaku.com/taisaku/